ここから本文です

ヒュルケンベルグ「再舗装によるタイムの向上はとても大きい」:Fインディア ハンガリー金曜

オートスポーツweb 7月23日(土)12時7分配信

 2016年F1ハンガリーGPの金曜プラクティスで、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグは11位/9位、セルジオ・ペレスは10位/10位だった。

F1ハンガリーGP 最新フォトコーナー

 
■サハラ・フォース・インディアF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ フリー走行1=11位/2=9位
 大きなサプライズもなく、まったくもって通常の金曜日だった。再舗装され、路面が以前とは大きく変わった。トラックの特徴のひとつだったバンプはなくなり、新しい舗装は本当にグリップがある。ラップタイムは以前よりもすでに2、3秒は速くなっていると思う。
 
 マシンの最初の感触はすごく良い。もちろん夜にかけていつもの調整を行わないといけないが、ショートランとロングランのどちらのペースを見ても僕らはいい状態にあるんじゃないかな。
 
セルジオ・ペレス フリー走行1=10位/2=10位
 FP2では考えられる限り最悪な瞬間に赤旗が振られてショートランでの作業を減らさなければならなかったが、それでもとても有益な初日だった。
 
 マシンにたくさんの変更を施しながら、走行を繰り返した。予選と決勝に向けて最適なセットアップを見つけ出すために多くのデータを分析していく。ロングランで大量の情報を得られたし、これはレースに役立つだろう。
 
 新しい路面は前よりすごくスムーズでグリップも高いので、昨年に比べて大きく改善したといえる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月23日(土)12時7分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。