ここから本文です

まさか……MOTULがQ1でクラッシュ。GT-R勢が全車ノックアウトの波乱に

オートスポーツweb 7月23日(土)15時41分配信

SUPER GT第4戦「SUGO GT300km RACE」のGT500公式予選。Q1から日産GT-Rが全車脱落するという波乱の事態に見舞われた。

午前中同様に曇り空の中で始まった予選Q1は15分で争われ上位8台がQ2に進出できる。今回のSUGOは気温、路面温度ともにあまり高くないため、タイヤを温めるために早めにコースインするかと思われたが、セッション開始直後からしばらく誰も出てこない。サーキット全体は静寂の中に包まれたが、残り9分を切って緊迫感をドラゴ モデューロNSX CONCEPT-GTの武藤英紀がコースイン。残り8分になると各車が続々とピットを後にした。

 注目のアタックはいきなり1分11秒台前半の争いとなり、ZENT CERUMO RC Fの石浦宏明が1分11秒000でトップ。RAYBRIG NSX CONCEPT-GTの山本尚貴が0.024秒差で2番手通過と続いていった。

 その直後、開幕2連勝と好調だったMOTUL AUTECH GT-R。SPコーナーのアウトでコースオフしフロント部分からスポンジバリアにクラッシュ。ドライブしていたロニー・クインタレッリは無事にクルマを脱出できたが、これにより赤旗が出され残り1分弱というところでセッション中断となった。

 審査委員の決定により、セッションはそのまま終了に。この時点で午前中好調だったS Road CRAFTSPORTS GT-RやWedsSport ADVAN RC Fなどが十分にタイムを出せておらず、そのままノックアウトが決定。MOTU GT-RをはじめフォーラムエンジニアリングADVAN GT-Rは0.050秒足りず9番手、さらにカルソニックインパルGT-Rも1分11秒台のタイムが表示されていたが、赤旗等の兼ね合いによりタイムが無効になりまさかの13番手に。結局、日産GT-R勢は4台すべてがQ2進出タイムに届かず、揃ってQ1で姿を消すという波乱の事態となった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月23日(土)15時50分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]