ここから本文です

GT300:VivaC 86の松井孝允が魅せた。会心のアタック&逆転で自身初PP

オートスポーツweb 7月23日(土)16時49分配信

 およそ2か月ぶりの公式戦開催となったスーパーGT第4戦SUGO。GT300クラスの予選では、VivaC 86 MCが開幕戦岡山に続き、今季2度目のポールポジションを獲得した。アタックを担当した松井孝允にとってはGT300キャリア初のポールポジションとなる。

 午前中に行われたフリー走行では、SUBARU BRZ R&D SPORTがトップタイムを記録するものの、セッション終盤にクラッシュ。予選出走が危ぶまれたが、無事に修復を終え、Q1開始から走行した。また、フリー走行でトラブルを抱え、7周の走行にとどまっていたシンティアム・アップル・ロータスもトラブルを解消し、予選に臨んでいる。

 予選Q1は午前中の練習走行時と変わらない曇り空となり、7月とは思えない肌寒さを感じるコンディションのなかでスタートした。まず、トップタイムをマークしたのは、昨年ここSUGOのレコードタイムを記録した31号車TOYOTA PRIUS apr GT。練習走行で記録したベストタイムを大きく上回る1分18秒170を記録した。

 セッション残り5分を切ると、2番手にロータスが浮上、3番手にはBRZと続き、午前中にアクシデントがあった2台が上位に進出。Q2突破を果たしている。

 Q2進出のかかる14、15番手ポジションは、ニッサンGT-RニスモGT3勢の闘いとなる。セッション終盤までQ2進出圏内の14番手にはGAINER TANAX GT-Rがつけていたが、残り1分半を切ってDIJON Racing GT-Rの青木孝行が一気にタイムアップ。1分19秒280で14番手に滑り込み、昨年チャンピオンが、わずか100分の2秒差でQ1で姿を消した。

 Q2にはプリウス、ロータス、BRZ、VivaC 86のほか、マネパ ランボルギーニ GT3、ARTA BMW M6 GT3、Hitotsuyama Audi R8 LMS、JMS LMcorsa 488 GT3、UPGARAGE BANDOH 86、グッドスマイル 初音ミク AMG、GAINER TANAX AMG GT3、RUNUP Group&DOES GT-R、マッハ車検 MC86、DIJON Racing GT-Rが進出している。

 GT500クラスのQ1でクラッシュが起きたため、ポールポジションを決めるQ2は15時27分からスタート。セッション開始から間もなくコース上では雨が確認されるようになったが、各車ドライタイヤで走行し、Q1をはるかに上回るタイムを記録した。

 セッション序盤、GAINER AMGが1分18秒527でトップに立ち、Hitotsuyama R8、マネパ ランボルギーニとFIA-GT3勢が上位を占めたが、残り4分で勢力図が一転。VivaC 86の松井孝允が1分18秒160と大きくタイムを塗り替えてトップを奪取。続いてコントロールラインを通過した31号車プリウスの嵯峨宏紀が1分17秒995で逆転する。

 しかし、連続アタックを仕掛けた松井が1分17秒499でさらに上回ると、続くアタックでも1分17秒493とタイムを縮め、GT300初のポールポジションを奪いとった。

 また2番手を獲得した31号車プリウスを含め、2台がレコードを塗り替える1分17秒台をマーク。3番手には公式練習のクラッシュから復活を遂げたBRZが入り、マザーシャシーとJAF-GT勢がトップ3を独占している。FIA-GT3勢最上位は5番手につけたGAINER AMGとなっている。 

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月24日(日)10時8分

オートスポーツweb

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。