ここから本文です

瀬戸康史、高橋一生との“兄弟愛”語る 「弟のように可愛がってくれる」

クランクイン! 7月23日(土)8時0分配信

 ドラマ『HOPE ~期待ゼロの新入社員~』に出演中の瀬戸康史が21日、ブログを更新し、俳優の高橋一生の舞台を観劇したことを報告。瀬戸にとって高橋は、本当の兄のような存在であることを明かした。

【関連】「瀬戸康史」フォトギャラリー


 瀬戸はブログを更新する前日、劇作家フィリップ・リドリーと、演出・白井晃のタッグによる舞台『レディエント・バーミン』を観劇したと明かした上で、以前この2人がタッグを組んだ作品『マーキュリー・ファー』出演時を述懐。

 極限状態に置かれた人間が、生きるために繰返す残酷な行為が描かれる本作出演時は、かなりタフであったそうだが、「僕の頭にポンッと手を置いてくれ『大丈夫』と、近くで支え勇気づけてくれた」と兄役の高橋との思い出を振り返った。

 仲睦まじいツーショットと共に「それ以来、一生さんは僕を本当の弟のようにかわいがってくれているし、僕も本当のお兄ちゃんだと思って慕っている」と現在も良好な関係が続いていることを綴っている。

 ファンからは「久々に一生さんとのツーショットを見ることができて嬉しいです」「舞台が終わってもお兄ちゃんであって、弟であって、本物の兄弟みたいですね」など、”兄弟”の絆に対するコメントが数多く寄せられている。

最終更新:7月23日(土)8時0分

クランクイン!