ここから本文です

沖縄チャーター運航開始 26日まで富山から毎日出発

北日本新聞 7月23日(土)0時1分配信

 全日本空輸は22日、富山-那覇(沖縄)のチャーター便運航を始めた。26日まで富山空港を毎日出発し、現地で2泊するツアーとなる。ダイヤは、行きが富山発午前9時、那覇着午前11時半で、帰りは那覇発午後3時25分、富山着午後6時。

 使用する機体はボーイング737-800(166席か167席)。22日は、全日空社員らが富山空港の搭乗ゲートで沖縄のガイドブックなどをプレゼントし、若者や家族連れら146人が那覇へ向かった。

 23日と26日の出発便は140人、24日は141人、25日は104人が利用する予定で、搭乗率は計80%になる。乗客へのアンケート結果も踏まえ、全日空や県は、今後のチャーター便運航について検討を進める方針だ。

北日本新聞社

最終更新:7月23日(土)0時1分

北日本新聞