ここから本文です

勇壮な男踊り披露 立山まつり

北日本新聞 7月23日(土)21時57分配信

■町流しに250人

 第61回立山まつりが23日、立山町の立山舟橋商工会館周辺で開かれ、立山小唄の町流しや納涼夜店でにぎわった。

 町流しには約250人が参加し、浴衣姿の女性らが「立山小唄」に合わせて情緒ある踊りを披露。子どもの姿もあり、愛らしい姿に歓声が上がった。初の試みとして町職員らが勇壮な男踊りを披露した。

 企業・団体による47の夜店が並び、モモやラ・フランスジュース、寒餅といった地元の味を販売した。木工製作や消防車乗車といった体験も人気を集めた。

 町の各種企画に参加する「地域サポーター」の高校生・大学生は、夜店を回ってもらうスタンプラリーを運営。雄山高校家庭クラブは熊本地震の義援金を呼び掛けた。

 ステージでは歌手の長岡すみ子さん(富山市)が、同町に伝わる布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)を題材にした曲を歌い上げた。北日本新聞社後援。

北日本新聞社

最終更新:7月23日(土)21時57分

北日本新聞