ここから本文です

【高校野球】早実、八王子に逆転負け…清宮の“2度目の夏”は準々決勝で終わる

ベースボールキング 7/23(土) 14:09配信

【西東京大会・準々決勝】
八王子 6 - 4 早稲田実
<7月23日 神宮>

 悪天候により2日間中止となっていた西東京大会が再開。この日は準々決勝の4試合が神宮球場で開催され、第2試合で第2シードの八王子学園八王子と早稲田実業が激突した。

 実は、昨年も準々決勝で相まみえた両者。その時は早実が11-5で勝利しており、八王子にとってはリベンジに燃える一戦となる。

 何と言っても注目は早実の清宮幸太郎。西東京大会は4試合で打率6割ちょうど、6安打で3本塁打、7打点、四死球7つという圧巻の成績を残し、その成長ぶりを見せつけている。


 スター軍団の早実か、リベンジに燃える八王子か……。2万3000人の大観衆が見守る中で行われた試合は、緊迫した展開ではじまる。

 早実・吉村と八王子の2年生左腕・早乙女の投げ合いは、互いに安打こそ許しながらも要所で踏ん張り、4回まで0行進。こう着状態を破ったのは、清宮の後ろを任された1年生だった。

 5回表、早実は一死から1番の金子が四球で出塁すると、二死となって迎えた清宮は敬遠の四球。二死一二塁となり、1年生ながら4番に座る野村が打席に入る。

 ここで1年生は高めに浮いた変化球をフルスイングすると、打球はやや前寄りにいたセンターの頭上を超すタイムリー。一塁から清宮も還り、打った野村も三塁へ。タイムリースリーベースで早実が2点を先制する。


 ところがその裏、八王子も意地を見せる。相手のミスも絡んで無死満塁のチャンスを作ると、代わった2番手の服部から竹中が2点タイムリーを放って同点。さらに続くチャンスで椎原がタイムリーを放ち逆転すると、後続の犠飛とタイムリーでこの回一挙の5得点。試合をひっくり返した。

 八王子は6回裏にも3番手・石井を攻め立て、満塁から押し出しの死球で追加点。6-2とリードを広げると、先発・早乙女も持ち前の制球力と緩急で早実打線を翻弄。7回に訪れた清宮との4度目の対戦でも強気に内角を攻め、二飛に打ち取った。


 それでも早実は8回、野村の二塁打からチャンスを作り、犠飛で1点を返す。さらに9回、連打で無死一二塁のチャンスを作ると、ここで苦しめられた早乙女が降板。打順は上位へと回っていく。

 2番の橘内は内野ゴロに倒れるも、一死一三塁で3番・清宮が打席へ。初球を捉えた打球は快音を残してライト後方へと飛んだが、もうひと伸び足りずに右飛。犠飛となって1点が入ったものの二死となり、4番の野村は三ゴロ。この試合27個目のアウトが記録され、この瞬間、八王子の準決勝進出が決定した。

 2年連続での甲子園出場をめざした早実は、準々決勝で敗退。最後のあいさつでは笑顔も見られた清宮も、最後は涙でベンチを後にした。

BASEBALL KING

最終更新:7/23(土) 14:12

ベースボールキング