ここから本文です

【インハイ注目選手】市立船橋DF杉岡大暉…Jクラブ注目、堅守支える高性能センターバック

SOCCER KING 7月23日(土)17時50分配信

 7月27日に広島県で開幕する平成28年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(インターハイ)。予選を勝ち上がった55校の中から今大会の注目選手を紹介する。

 DF杉岡大暉(市立船橋高校)

 堅守を誇る市立船橋の象徴とも言える背番号5とキャプテンマーク。1999年度はDF羽田憲司(元ヴィッセル神戸)、2002年度にはDF大久保裕樹(現ジェフユナイテッド千葉)が背番号5を背負った主将として全国高校サッカー選手権大会の大旗を掲げ、プロ入りも果たしている。今年、それに続く存在が杉岡大暉だ。

 1年時からレギュラーの座を射止めたセンターバックはすでにFC東京、名古屋グランパス、湘南ベルマーレ、千葉へ練習参加している注目株。パートナーの原輝綺やMF高宇洋、MF金子大毅ら実力者並ぶ市立船橋は、高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プレミアリーグEAST9試合を終えて、リーグ最少の6失点の堅守で首位を走るが、U-19日本代表候補、日本高校選抜にも名を連ねるストッパーは最終ラインで一際存在感を放ち、その実力を遺憾なく発揮している。

 味方の守りが崩されたと思われた瞬間にボールをインターセプト。その読みを活かしたカバーリング、一対一の強さも別格だ。「チームをまとめるところだったり、守備面だったらどこのFWにも負けたくないので、その攻防を見てもらいたい」。加えて、センターバックの位置から繰り出す推進力十分のドリブル突破も魅力の一つだ。守備だけに収まらない高性能の背番号5が、「一回は全国制覇して上に行きたい」という目標をこの夏に果たす。

文=吉田太郎

SOCCER KING

最終更新:7月23日(土)20時18分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]