ここから本文です

39歳GKマニンガー、リヴァプールと短期契約を締結「驚きだった」

SOCCER KING 7月23日(土)0時8分配信

 リヴァプールは22日、元オーストリア代表GKアレックス・マニンガーと短期契約を締結したと、同クラブ公式HPを通じて発表した。

 1977年生まれのマニンガーは先月で39歳を迎えた。母国オーストリアでプロキャリアをスタートさせると、1997年にアーセナルへ加入。同クラブではプレミアリーグなどのタイトル獲得を経験した。その後はボローニャやユヴェントスなど数々のクラブを渡り歩き、2012年11月にアウクスブルクへ移籍。今年6月に退団するまでに、同クラブでは公式戦通算38試合に出場した。

 リヴァプール加入に際してマニンガーは、「正直に言って、驚きだった。イタリアやドイツで過ごした後、僕は(現役続行を)諦めていなかったけどね。電話が鳴るのを待っていたんだ。それでも、リヴァプールから電話が来た時、オファーを引き受けるのにものすごいプレッシャーがかかった。なぜなら、僕がかつて待ち望んでいたものだったからね。引退するまでに望んでいた瞬間だったんだよ」とコメント。同クラブへの加入をかねてより希望していたことを明かした。

 なお、クラブ公式HP上では契約期間について具体的に明記されていないが、イギリス紙『Liverpool Echo』などは、1年契約であると伝えている。

SOCCER KING

最終更新:7月23日(土)0時14分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。