ここから本文です

「僕はここで成功する」…ハメスがレアル残留を宣言「退団しない」

SOCCER KING 7月23日(土)1時28分配信

 レアル・マドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが自身の去就についてコメントを残した。22日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

 2015-16シーズンのリーガ・エスパニョーラで先発出場が17試合にとどまったJ・ロドリゲス。出場機会の減少により、今夏の移籍市場でレアル・マドリードを退団する可能性が報じられ、複数クラブから関心が示されていた。

 しかし同紙によると、J・ロドリゲスは退団の噂を否定。「クラブが僕に対する8500万ユーロ(約98億6000万円)のオファーを受け取ったことを知っている。だけど、僕は退団しないよ」とレアル・マドリード残留を宣言した。

 さらにJ・ロドリゲスは、「レアル・マドリードに留まる。僕はここで成功するんだ」と続け、同クラブでの活躍を誓った。

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督は、同選手が『インターナショナル・チャンピオンズ・カップ』を戦うために、26日からチームへ合流することを明言している。J・ロドリゲス自身も、「僕の場所を獲得するために戦う。それが僕の夢さ」と意気込んだ。

SOCCER KING

最終更新:7月23日(土)1時28分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。