ここから本文です

MFクロースの獲得望むペップ…6000万ポンド用意も高すぎる週給がネックか

SOCCER KING 7月23日(土)17時38分配信

 マンチェスター・Cがレアル・マドリードに所属するドイツ代表MFトニ・クロースの獲得を狙っている。22日付のイギリス紙『サン』が報じた。

 今シーズンからマンチェスター・Cの指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督は、バイエルン時代の教え子であるクロースの獲得を望んでおり、クラブは移籍金として6000万ポンド(約84億円)を準備しているという。退団が噂されるコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレの後釜として、長期的に計算できる同選手の獲得を狙っている模様だ。

 しかしマンチェスター・Cのフロント陣はこの取引に難色を示しているという。同選手の週給が24万ポンド(約3300万円)で、彼らが見積もっていた額の倍だったようだ。

 クロースは2014年夏に、当時グアルディオラ監督が率いていたバイエルンからレアル・マドリードに移籍。しかし同監督はクロースの残留を望んでいたようで、クラブに留まるように説得しているとも報じられていた。

SOCCER KING

最終更新:7月23日(土)17時38分

SOCCER KING