ここから本文です

名古屋の久米社長、小倉監督続投を宣言「絶ッ対に代えない」「必ず復活させる」

SOCCER KING 7月23日(土)23時45分配信

「絶ッ対に代えません」。13試合未勝利となった名古屋グランパスだが、久米一正社長が小倉隆史監督の続投を繰り返し強調した。

 年間16位の名古屋は23日に行われた2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第5節で同17位のヴァンフォーレ甲府と対戦し、1-3で敗れた。降格圏内に沈むチーム同士の対決を落とし、クラブワースト記録更新の13試合勝利から遠ざかる結果となった。

 試合後に緊急会見を開いた久米社長は、「この事実は真摯に受け止めて、しっかり対応しないとけないなと思っています。小倉監督については、フルサポートで、絶対に逃げない、投げ出さない、諦めない、この3つで今年1年しっかり戦っていきます。いろんな憶測が流れて、代えるという話をしていますが、絶対に代えません。何が起きても代えない。今代えてもロクなことはない。長年やってきた私の経験から見て、皆さんは代えると思っているかもしれないが、絶ッ対に代えませんから。これは私が決断しました」と小倉監督の続投を繰り返し宣言。

「選手たちにも先ほど、控え室で逃げるな、投げ出さない、諦めないということで『誰も助けてくれないぞ』と。『このみんなでやるしかない』と。赤い一つの玉にまだなってないじゃないか、言い訳ばっかり言ってんじゃないぞと。そういう話を先ほど選手たちにしてきていますから」と選手たちにも喝を入れたという。

 さらに「私が先頭を切って小倉をサポートします」と宣言した久米社長は「コーチを入れるとか、いろいろ考えています」とチーム改革のプランがあると明言。改善点を問われると、「やっぱりDFラインでしょうね」と指摘したが、「補強はしません。今のメンバーで戦うしかない。今のメンバーで勝ち抜いて残留を決める」と現在の戦力で戦うと話した。

「残留争いになっていくと思いますが、百戦錬磨の私が絶対に(J2)落としませんから。見ていてください。このメンバーでしっかり戦っていくしかない。これが一番キーポイントだと思います」

 チームの状況がよくならなかった場合の責任について問われると、「ならないわけはない。そういうことは考えない。必ず復活させるから大丈夫。もちろんプロでやっていますから、結果は悪ければしっかり責任を取ります」と力強く語り、「修羅場をくぐってみればいいんです。苦しさはありますよね。でも絶対いいことは必ず来ると思う。僕はそれを信じて、小倉を信じて、フルサポートしていく。私がもう前面に出てやります」と一丸で“試練”を乗り越えることを誓った。

SOCCER KING

最終更新:7月23日(土)23時50分

SOCCER KING