ここから本文です

リバプールが今夏7人目の補強 ワイナルドゥムがニューカッスルから加入

ゲキサカ 7月23日(土)10時14分配信

 リバプールは22日、ニューカッスルからオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(25)を獲得したことを発表した。契約期間は長期とされているが、英『BBC』によると移籍金2500万ポンド(約35億円)で5年契約としている。背番号は5をつける。

 オランダの名門フェイエノールト出身のワイナルドゥムは、PSVから昨年7月にニューカッスルに移籍。プレミアリーグ初挑戦にもかかわらず、チャンピオンシップ(2部相当)に降格したチームの中で38試合に出場し、11得点を記録していた。

 リバプールはワイナルドゥムの獲得で今夏7人目の新戦力となった。その一方でFWマリオ・バロテッリに戦力外通告を言い渡すなど余剰人員の整理にも力を入れている。

最終更新:7月23日(土)10時14分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。