ここから本文です

FWウイルソンの2戦連発弾で仙台が2連勝、湘南は3戦連続完封負け

ゲキサカ 7月23日(土)22時20分配信

[7.23 J1第2ステージ第5節 仙台1-0湘南 ユアスタ]

 FWウイルソンの2試合連続となる今季4得点目でベガルタ仙台が湘南ベルマーレを1-0で下した。仙台は7試合ぶりの無失点で2連勝。敗れた湘南は3試合連続無得点での3連敗となった。

 ユアテックスタジアム仙台での湘南戦は通算11勝4分2敗と相性が良い仙台。開始からボールを保持し、相手ゴールに迫る。前半12分、MF梁勇基のパスを受けたウイルソンがPA内左で右足のシュートに持ち込むが、相手DFのブロックに遭った。

 左サイドからの攻撃が目立つ仙台は前半25分、DF石川直樹の左クロスを梁勇基が頭でそらし、PA内中央で受けたFWハモン・ロペスがキープから強引にシュート。しかし、相手に当たってゴール右へ外れた。同43分にはカウンターからMF奥埜博亮が長い距離をドリブルで持ち運び、PA手前右から右足で低く抑えたシュートを打つも、左ポストを直撃。仙台は再三のチャンスを生かせず、0-0でハーフタイムを迎えた。

 後半は湘南が4バックへのシステム変更などで打開を図るが、仙台は流れを手放さず。後半13分、左サイドの自陣深くから送られたロングボールをウイルソンが頭で落とすと、受けたハモン・ロペスがキープしてタメを作り、左サイドを駆け上がるウイルソンにリターンパス。ウイルソンはドリブルで突き進み、PA内左でマッチアップしたDF坪井慶介を抜き切らずに角度のない位置から左足を振り抜く。豪快なシュートがニアを破り、仙台が先制に成功した。

 ビハインドを負った湘南は、仙台が最初のカードを切る前に早くも3枚の交代枠を使い切り、勝負に出る。走力で相手を圧倒し、途中出場のMF神谷優太のシュートでゴールを脅かすシーンもあったが、守備に重心を置き始めた仙台が要所で体を張った守備を見せ、1-0で逃げ切った。

最終更新:7月23日(土)22時20分

ゲキサカ