ここから本文です

たけし「テレビ全盛期は大橋巨泉さん」 いまだに流れが残っている

デイリースポーツ 7月24日(日)5時0分配信

 タレントのビートたけし(69)が23日、レギュラーを務めるTBS系情報番組「新・情報7days ニュースキャスター」(土曜、後10・00)に出演。今月12日に急性呼吸不全のため、82歳で死去した司会者でタレントの大橋巨泉さんを悼んだ。

 数々の大ヒット番組や流行語を生んだ巨泉さん。その人生をたけしは「テレビ創成期の代表格というか、巨泉さんが最初に始めたものが、いまだに流れが残っている。その後、自慢じゃないけど、私が作った番組がやや残っている」と評した。

 さらに「野球は巨人 司会は巨泉」のキャッチフレーズにちなんでか、「一番いい時代に生きたテレビタレントであって、長嶋さん、王さんがジャイアンツの全盛期だとしたら、テレビの全盛期は大橋巨泉じゃないか、というぐらい」と最大級の賛辞を贈った。

 また、強烈なリーダーシップと強いこだわりを貫いた巨泉さんの硬骨ぶりにも言及。「いくら言われても信念通して…、『テレビに娯楽なんて入れやがって』って文句言われた時代もあったんだけど、結果的にそれを作っちゃったからね。テレビをよく知ってるし、外国もよく知っていた人。素晴らしいですよ」と、テレビ界に残した功績をたたえた。

 たけしは、巨泉さんが司会を務めた、1983年4月スタートのTBS系バラエティー番組「世界まるごとHOWマッチ」に、巨泉さんから熱烈な“ラブコール”を受けてレギュラー出演。89年10月スタートの同局系バラエティー番組「ギミア・ぶれいく」でも共演した。

最終更新:7月24日(日)5時0分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。