ここから本文です

【巌流島】真田軍が前田軍に勝利=ガチ甲冑合戦

イーファイト 7月24日(日)7時10分配信

「巌流島・ガチ甲冑合戦~真田丸の攻防戦~」(7月23日 東京・船の科学館 屋外広場)

【フォト】首に短刀を決められ討ち死にする菊野克紀

 甲冑と槍や短刀を装備して戦国時代を再現する集団戦を行う「ガチ甲冑合戦」が、東京・お台場で開催中の『お台場みんなの夢大陸2016』内で開催された。会場となったのは船の科学館屋外広場。

 ガチ甲冑合戦は元々、総合実戦護身術・国際武術文化連盟代表であり、功朗法の横山雅始師範が主催している大会。横山師範は10代から古武術や空手などを学び、日本の武道・武術を基にした実戦型護身術をヨーロッパの警察や軍隊で指導している人物。今大会にもイタリアから9名が参加した。

 一般の人たちにも戦国時代の戦いがどのようなものだったのかを体験して欲しいとのことから、参加者の一般募集を行ったところ定員の100名を超える応募があり、元UFCファイターの菊野克紀、女子プロレスラーの高橋奈七永、夏樹☆たいよう、世志琥も名乗りをあげ、参加人数を増やして実施された。

 今回のガチ甲冑合戦は大坂冬の陣の「真田丸の戦い」を模した形で行われ、参加者は真田幸村率いる真田軍と前田利常率いる前田軍に分かれての攻防を展開。合間に真田幸村や前田利常に扮した横山雅始師範らによる劇を挟みながら、合戦が行われていく。

 最初は一般参加者による槍の攻防戦。攻めてくる前田軍に、真田軍が陣地の前に立てた盾を倒されないように守るという形式(人を攻撃してはいけない)。
 それが何度か繰り返された後、各軍の代表者4名による4対4ユニット戦、これは戦国時代の戦い方そのままに組打ち可能なルール。真田軍には元UFCファイターの菊野克紀が登場。槍で突撃し、接近戦になると組み付いてのテイクダウンを狙ったが、相手が短刀を抜いて首を刺した(寸止めで決める)ため一本負け。

 続いての一騎打ちでは1対1の戦いに挑んだ菊野だったが、やはり槍の突き合いから組み付いてテイクダウンしようとしたところで短刀を刺され、一本負けを喫した。しかし、その他のベテラン真田戦士が活躍、ユニット戦と一騎打ちで勝利を収めた真田軍が勝利を収めた。

 初挑戦した菊野は「怖い。槍を持った人間が向かってくる恐怖があった。何秒後かに死ぬかもしれないんですよ。強さの概念が違います」とコメント。

 また、このイベントを企画した谷川貞治・巌流島広報部長は、「歴史を再現しながらお芝居とリアルな戦いを見られたのが面白かった。将来的にはもっと競技化して、全員が安全にガチで戦えればブレイクする。和風サバゲー(サバイバルゲーム)みたいにしたい」と、今後の展望を語った。

最終更新:7月24日(日)10時40分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。