ここから本文です

『ファインディング・ドリー』記録破りの大ヒット&続編に13年かかったワケ【最新!全米HOTムービー】

シネマトゥデイ 7月24日(日)5時0分配信

 先月17日に全米公開された『ファインディング・ニモ』(2003)の続編『ファインディング・ドリー』が、アニメーション映画の記録を次々と塗り替える大ヒットとなっている。オープニングの週末だけで1億3,506万273ドル(約135億602万7,300円)を稼ぎ、2007年の『シュレック 3』が作ったオープニング興収記録を抜いてアニメ作品として史上最高の記録を樹立。その後も勢いは衰えず、公開4週目には『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を抜いて今年1番のヒット作になっただけでなく、公開から1か月で累計興収は4億4,574万5,629ドル(約445億7,456万2,900円)に達し、『シュレック2』が2004年に樹立した記録を抜いて、アニメ作品として歴代1位の大ヒット作となった。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル100円計算)(取材・文:細谷佳史)

日本でも100億円超を狙える大ヒット!『ファインディング・ドリー』ギャラリー

 しかし、大ヒットし、アカデミー賞長編アニメ映画賞を受賞するなど批評的にも大成功した前作『ファインディング・ニモ』の続編を作るのに、なぜ13年も時間がかかったのだろう? このシリーズの生みの親で、前作に引き続き監督と脚本を手掛けたアンドリュー・スタントンは、そもそも『ニモ』の続編をやることは全く考えていなかったそうだ。

 「僕の中では、『ニモ』は終わっていたんだ。それは完全なストーリーで、語るべきストーリーは残っていないと感じていた。(『ニモ』で)4年間かけて魚の話をやるのは長かったし、僕には他のアイデアもあったから、その後、ロボット(『ウォーリー』)や火星の話(『ジョン・カーター』)をやることにしたんだ。それから、約8年後、2011年に3D版を公開した時(『ファインディング・ニモ 3D』)、僕は久々にこの映画を見直した。そして、映画を見終わった後、自分がドリーを心配していたことに気付いたんだ。彼女は、ニモとマーリンという素晴らしい家族を得たけど、『もし彼女が彼らのことを忘れて、また迷子になったらどうしよう?』とかね。彼女は、自分がどこから来たか知らない。彼女の中には、どこか喪失感があるんだ。僕はそういったことを解決したいと思ったんだよ」。

1/3ページ

最終更新:7月24日(日)8時36分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。