ここから本文です

大阪環状線の駅に自虐ネタ?ポスター「オレンジ白書」

THE PAGE 7/24(日) 17:30配信

オレンジなどを使った自虐的?なポスター

大阪環状線の駅に自虐ネタ?ポスター「オレンジ白書」 THEPAGE大阪

 2013年度から始まった「大阪環状線プロジェクト」。全駅で発車メロディが導入されたり、リニューアル工事が進行するなか、先月には新型車両・323系もお披露目された。これで一連のプロジェクトもひと段落...と思っていたところ、何やらオレンジなどを使った「自虐的?」な面白いポスターがはられており、足を止める人も多く見られた。このポスターの担当者が語った真意とは?

大阪環状線の新型車両「323系」完成 今年度中から投入へ

「オレンジ白書、公開」

 筆者が大阪駅で発見したのは「オレンジ白書、公開」なるポスター。”まえがき”となる1枚に続いて、「大阪環状線に満足していますか?」など7つの質問に対する答えが描かれている。

 グラフ部分はオレンジの果実だったりジュースだったりと、オレンジ一色。内容は「Q:京橋駅の使い心地は満足していますか?→A:乗降者数は上から3番目なのに、満足度は下から2番目でした」などという辛辣なものばかりだ。これまでのJRには見られなかった”自虐ネタ”の数々。いったいどういう意図でこのポスターを作ったのか、担当者に聞いてみた。

耳の痛い内容ばかり、社内で反対の声は?

 「大阪環状線改造プロジェクトを進めるにあたり、お客様にさまざまなアンケートを取ってきました。その内容はもちろんプロジェクトに反映してきたのですが、私たちがアンケートの結果をどう受け止め、これからどうしていくのか興味を持っていただきたいと思い、アンケートの結果そのものを一部公表することにしました」と話してくれたのは、JR西日本・大阪環状線改造プロジェクト担当の栃折太介さん。

 大阪環状線といえばやはりオレンジ、ということで、その色や果実をモチーフにしながら、結果が分かりやすく伝わるよう表現したという。

 もっとも、今回取り上げている項目はJRにとって耳の痛い内容ばかり。社内で反対の声は出なかったのだろうか。

 「そこは、大阪環状線と違って丸く収まらないように気をつけました(笑) プロジェクトが始まって3年、まだまだ駅のリニューアルは途中です。特に、京橋や鶴橋、天王寺など大きな駅は準備にも時間を要し、これからの部分が多い。『うちらの使うてる駅、キレイにならへんのちゃうか?』と思っておられるお客様も多いので、私たちの決意表明を兼ねています」

1/2ページ

最終更新:7/24(日) 17:33

THE PAGE