ここから本文です

吉沢亮、映画初主演!浅香航大&赤澤燈らイケメン俳優が紡ぐ青春物語が9月公開

映画.com 7月24日(日)8時0分配信

 [映画.com ニュース] 特撮ドラマ「仮面ライダーフォーゼ」で注目を集めた人気俳優・吉沢亮が映画初主演を飾る「サマーソング」が、9月17日に公開されることが決定した。「ガキ☆ロック」「全開の唄」などの中前勇児監督のメガホンで、浅香航大、赤澤燈、和田琢磨、馬場良馬といったイケメン若手俳優陣とともにひと夏の青春物語を紡ぐ。

 吉沢は、「青春を謳歌(おうか)できなかった人。周りの環境がどんどん変わって、自分だけが置いてけぼりな気がする人。あと一歩が踏み出せない人。そんな人たちの背中を押す力のひとつになれれば嬉しいかなと思います。男ってどこまでもバカで愛おしい生き物だなと、感じてもらえる作品です」とコメントを寄せている。

 父親の影響でサーフィンを始めた市原健一(吉沢)は、父を事故で亡くしたことをきっかけに海から遠ざかってしまう。その後は、親友の上原まことや大原大二郎と彼女探しやアイドルの追っかけに明け暮れていたが、ふたりの誘いで海に向かう。しかし、道中で出会った女性に財布を盗まれたり、海の家で働く友人との再会を果たすも違和感を覚えたりと、予想外の波乱の展開に。果たして健一は、過去を乗り越え再びサーフィンをできるのか。

 「サマーソング」は、まこと役を浅香、大二郎役を赤澤が演じるほか、筧美和子、丸高愛実、天野麻菜らが共演する。9月17日から東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開。

最終更新:7月24日(日)8時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。