ここから本文です

西島大介の新作絵画&短編が見られる企画展「生きとし生けるもの」静岡で

コミックナタリー 7月24日(日)10時0分配信

西島大介が、静岡・ヴァンジ彫刻庭園美術館にて本日7月24日から11月29日まで開催されている企画展「生きとし生けるもの」に参加。会場では新作絵画を展示し、カタログには描き下ろしの短編も掲載されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「生きとし生けるもの」は“動物”がテーマのさまざまな作品を通じて、人間と動物の関係を見つめ直すという趣旨の企画展。西島に加え淺井裕介、新居幸治(Eatable of Many Orders)、イケムラレイコ、小林正人、管啓次郎、染谷悠子、高木正勝、中谷ミチコ、橋本雅也、三沢厚彦、宮崎学、ミロコマチコ、ムラタ有子が作品を出展している。会期中に開館時間や入館料が変更となるため、詳細は公式サイトにて確認を。

「生きとし生けるもの」
会期:2016年7月24日(日)~11月29日(火)会場:ヴァンジ彫刻庭園美術館住所:静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1電話:055-989-8787

最終更新:7月24日(日)10時0分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。