ここから本文です

SHINee テミン ソロデビュー作で日本的なバラードを。「みなさんと一緒に歌いたい」/インタビュー

エキサイトミュージック 7月24日(日)7時15分配信

 
■TAEMIN(テミン)/1st Mini Album『さよならひとり』インタビュー(2)

【この記事の関連画像をもっと見る】

ことし東京・大阪の二大ドーム公演を成功させ、そのスケールをさらに広げているSHINee。そんな中、テミンがメンバー初となる日本でのソロデビュー果たす。記念すべきデビュー作となるミニ・アルバム『さよならひとり』の収録曲、「世界で一番愛した人」は、別れた恋人への想いを綴った、日本的なバラード曲となっている。

「僕はこの曲のメロディがとても気に入っていて、最初に聴いたときからやりたいなと思ってました。その想いをプロデューサーさんが汲んでくださって、収録することができたのでうれしかったですね。この曲はライブでみなさんと一緒に歌いたいと思ってるんです。僕の歌はダンス曲が主だから、みなさんと一緒に歌える歌があんまりなかったので。レコーディングのときは、表現方法をディレクションしてもらいながら、何回も歌って、J-POPの雰囲気に合うようにしました。韓国でバラードを歌うときとは違った歌い方をしたので、勉強にもなりましたし、それが僕は楽しくもありました」

テミンが所属するSHINeeは、11月に日本でのファンクラブイベント【SHINee WORLD J OFFICIAL FANCLUB EVENT 2016(仮)】を開催する予定となっている。
(取材・文/瀧本幸恵)
※このインタビューの全文は後日掲載予定。

最終更新:7月25日(月)12時30分

エキサイトミュージック