ここから本文です

<おそ松さん>ワンフェスで六つ子の巨大フィギュアお披露目

まんたんウェブ 7月24日(日)13時21分配信

 人気アニメ「おそ松さん」の六つ子の巨大フィギュア(全高約145センチ)が24日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された「ワンダーフェスティバル(ワンフェス)2016[夏]」のフィギュレックスのブースでお披露目された。ディ・トレードから10月に発売される全高約18センチのフィギュア(7800円)をベースに制作された。巨大フィギュアの発売は予定していないという。

【写真特集】六つ子が大きすぎる… 可愛い巨大フィギュア

 フィギュレックスのブースでは、「のんのんびより」のキャラクター・宮内れんげの全高約125センチの等身大フィギュアも展示されており、担当者は「新たな3Dプリンターによって、ハイクオリティーな巨大フィギュアを制作できるようになった」と話している。

 「おそ松さん」は、赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化。昨年10月~今年3月に放送され、おそ松ら六つ子が成長して大人になった姿が描かれた。櫻井孝宏さんや神谷浩史さんら人気声優が六つ子を演じ、過激なギャグやパロディー描写などが女性アニメファンを中心に人気を集めた。映像ソフトやグッズの売り上げも好調で、表紙を飾ったアニメ雑誌が重版されるなどブームとなっている。

 ワンフェスは、プロ、アマチュアを問わず制作した模型を展示、販売する展示会で、1984年のプレイベントから始まり、現在は年2回のペースで開催。今年2月は約5万6000人が来場した。今回は、グッドスマイルカンパニーやタカラトミー、セガ・インタラクティブ、海洋堂、青島文化教材社などの企業が出展。一般ブースには、参加者が制作した模型が並んでいる。

最終更新:7月24日(日)16時28分

まんたんウェブ