ここから本文です

【NFL】今季が契約最終年のQBブリーズ、ここ3カ月は交渉「なし」

NFL JAPAN 7月24日(日)16時25分配信

 今季が契約最終年となっているニューオリンズ・セインツのクォーターバック(QB)ドリュー・ブリーズが、最近は新契約の交渉が進んでいないことを明らかにした。

 今年初めにブリーズとセインツは契約延長に前向きな姿勢を示していたが、ブリーズは『ESPN』に対してここ3カ月間は交渉が行われておらず、「なぜ進展がないのか分からない」と現状を話した。

「3月にチームからオファーがあり、すぐに我々も案を提出した。その後は、ジョシュ・ノーマン獲得を狙ってショーン・ペイトンHCが減給を求めてきたこと以外、契約の話はない」

 ブリーズは今季が5年1億ドル(約106億2,000万円)の契約最終年で、3,000万ドル(31億9,000万円)がサラリーキャップにヒットする見込み。新たな契約の交渉では、延長の年数と保証額で折り合いがついていないもよう。ブリーズは「合意の期限はトレーニングキャンプではなく、レギュラーシーズン開幕だろう」と焦っている様子はないものの、シーズン中に交渉は行わないとしている。

<ニューオリンズ・セインツ>

最終更新:7月24日(日)16時25分

NFL JAPAN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。