ここから本文です

投資拡大目指し…経済省次長らが渡日、日本企業訪問へ/台湾

中央社フォーカス台湾 7/24(日) 15:29配信

(台北 24日 中央社)経済部(経済省)の沈栄津政務次長らが30日まで日本に滞在する。東京などで企業約10社を訪問し、台湾への投資を呼びかけ、協力関係のさらなる強化を図る方針。

経済部は、日本には高い技術開発能力や良好なブランドイメージがあり、台湾は充実したハイテク技術と製造業のサプライチェーンを持つと強調。さらなる産業協力の可能性があるとの考えを示した。

滞在中には投資意向書への署名を目指すほか、洋上風力発電やスマートシティ、半導体産業など5分野で投資説明会を開催し、台湾の投資環境について理解を深めてもらうとしている。

(黄巧ブン/編集:齊藤啓介)

最終更新:7/24(日) 15:29

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。