ここから本文です

レヴァンテライオン、レコードVで世代初の重賞ウイナーに/函館2歳S

netkeiba.com 7月24日(日)15時30分配信

 24日、函館競馬場で行われた函館2歳S(2歳・GIII・芝1200m)は、好スタートから3番手につけた三浦皇成騎手騎乗の2番人気レヴァンテライオン(牡2、栗東・矢作芳人厩舎)が、直線で前を交わして抜け出し、その内から追い上げてきた1番人気モンドキャンノ(牡2、栗東・安田隆行厩舎)を1/2馬身退け優勝した。勝ちタイムは1分9秒2(良、2歳コースレコード)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に13番人気タイムトリップ(牡2、美浦・菊川正達厩舎)が入った。なお、3番人気ドゥモワゼル(牝2、美浦・粕谷昌央厩舎)は5着に終わった。

 勝ったレヴァンテライオンは、父Pioneerof the Nile、母Ghostly Darkness、その父Ghostzapperという血統。6月26日の新馬戦に続く連勝で、世代初の重賞ウイナーとなった。

【勝ち馬プロフィール】
◆レヴァンテライオン(牡2)
騎手:三浦皇成
厩舎:栗東・矢作芳人
父:Pioneerof the Nile
母:Ghostly Darkness
母父:Ghostzapper
馬主:ライオンレースホース
生産者:HargusSextonSandraSextonTomBozarth&SilverFernFarmLLC
通算成績:2戦2勝(重賞1勝)

最終更新:7月24日(日)15時45分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。