ここから本文です

光を集めてジュッ フリーザーバッグで火種を作る動画がアウトドアの極み

ねとらぼ 7月24日(日)9時10分配信

 フリーザーバッグを利用して火をおこす動画が、YouTubeに投稿されておよそ10日で200万再生を突破しています。マッチと輪ゴムで火を付けたり、マッチ同士で火を付けたりする動画も人気でしたが、なぜ人は火にひかれるのでしょうか。

【フリーザーバッグをレンズにして着火】

 フリーザーバッグを使用するのは、キャンプやハイキングでよく手元にあるから。これに水を入れ、レンズ効果をつくることで火を付けます。小学校の頃、虫眼鏡で紙を焼く実験をしたのと同じ方法。

 フリーザーバッグに水を入れ、ねじってカーブをつくります。フリーザーバッグの片隅に水をため、三角形をつくるようにするとねじりやすいもよう。こうしてできるカーブが大事で、きれいに作れないとレンズ効果が出にくくなります。

 フリーザーバッグで作ったレンズを使って火を付けたら、取ってきた枯れ草の上に気をつけて乗せます。火口を枯れ草で包んだら、あとは煙が立って燃え出すまで待ちます。息を吹きかけたりすると燃え出すのが早くなるのでオススメ。燃えだしたらすぐに、たき火用の場所へ持って行ってまきを投入します。ね、簡単でしょう?

 動画では火の付け方を解説するだけでなく、乾いた木の皮から火口(ほくち)を作る方法や、その火口をたき火にするために必要なあれこれも解説してくれます。キャンプの際に必要な道具を忘れたときでも、これさえ覚えていればとりあえず火は付けられそうです。

 ただフリーザーバッグを使った火の付け方だけでなく、夏休みのキャンプで使えそうな知識を教えてくれるライフハック動画でした。

最終更新:7月24日(日)9時10分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]