ここから本文です

「ハイフリ」岬明乃のフィギュア予約開始!「ニセコイ」万里花も公開

コミックナタリー 7月24日(日)11時4分配信

ガレージキットなど造形物の祭典「ワンダーフェスティバル 2016 [夏]」が、本日7月24日に千葉・幕張メッセにて開催されている。アニプレックスのブースでは、あっとがキャラクター原案を手がける「ハイスクール・フリート」などのフィギュアが初公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ハイスクール・フリート」からは岬明乃の1/7スケールフィギュアが登場。月刊コミックアライブ4月号(KADOKAWA)にて公開された、キャラクターデザイン・総作画監督の中村直人による描き下ろしイラストが立体化されたものだ。艦長帽は着脱可能で、裏には岬明乃の名前入り。スカートの下にはクリアパーツのペチコートが見え隠れし、細かい造形にもこだわって制作されている。また専用台座には大艦長・五十六のフィギュアも。価格は1万2000円。2017年5月に発売予定で、本日7月24日よりアニプレックスのサイトにて予約を受け付けている。

そのほかアニプレックスブースでは、同じく「ハイスクール・フリート」よりヴィルヘルミーナや、古味直志原作のアニメ「ニセコイ」より橘万里花のフィギュアを公開。また星野桂原作のアニメ「D.Gray-man HALLOW」より、アレン・ウォーカーと神田ユウの1/8スケールフィギュアが制作されることも告知されている。

最終更新:7月24日(日)11時4分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。