ここから本文です

ほぼ全て切断されていた ゴッホ「耳切り事件」について128年越しの新事実

ねとらぼ 7月24日(日)9時10分配信

 ゴッホが心身を病んだ晩年に左耳を切断したという逸話は世界的に知られていますが、切断された耳の範囲については諸説ありました。そんな中、カリフォルニア大学バークレー校のバンクロフト図書館で新たな証拠が見つかり、研究者たちの注目を集めています。

【耳が切り取られた後の図】

 同図書館によると、「耳切り事件」の際に診療を担当した医師のフェリックス・レー氏によるイラスト付きの手紙が見つかり、それによればゴッホの左耳はほとんど切断された状態でした。イラスト付きの手紙は同図書館がYouTubeに投稿した動画などで確認することができ、耳が根本から切り取られている様子がはっきり見て取れます。手紙はもともとレー医師から作家のアーヴィング・ストーン氏に送られたもので、ストーン氏は手紙の情報を元に、後に映画化もされた伝奇小説「炎の人ゴッホ」を執筆しました。

 今回の発見はバンクロフト図書館が作家のBernadette Murphy氏の依頼で調査している中で見つけたもの。数百もの資料箱の中から奇跡的に手紙を見つけたという図書館員は「このような大発見は世界的に見てもめったにあることではなく、ゴッホの人生史を大きく変えるもの」と、発見の重要性を強調しています。Murphy氏はこうした最新の資料を元に「Van Gogh's Ear: The True Story」を執筆。本は7月12日に出版され、国内からもKindle版などが購入可能です。なお、オランダのゴッホ美術館では7月15日から9月25日までの間、ゴッホの病気に焦点を当てた初の展示会「On the Verge of Insanity」を開催中。レー氏による手紙の実物も展示されています。

最終更新:7月24日(日)9時10分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]