ここから本文です

【今週の展望】期待と不安が交錯する日米中央銀行イベント週

エコノミックニュース 7月24日(日)20時21分配信

 今週、7月第5週(25~29日)は5日間の取引。29日で7月の取引が終わる。26~27日にFOMC、28~29日に日銀会合がある日米の中央銀行イベントウィーク。アメリカの7月利上げはないという見方が有力。日銀会合はヒョウタンから駒が飛び出すか、ヘリコプターが飛び出すか、それとも安酒すらも出てこないのか。3月期決算銘柄の4~6月期(第1四半期)決算発表は週末にかけて最初のピークを迎える。東証の推奨期限は8月15日だが、今年は11日が「山の日」の祝日休場なので8月10日までに主だった企業が発表を終えるスケジュール。

 世界の主要株式市場の休場日は特にない。

 国内の経済指標、イベントは、月末の金曜日の29日に政府発表の指標が集中する。

 25日には6月の貿易統計、26日には6月の企業向けサービス価格指数が、それぞれ発表される。28~29日に日銀の金融政策決定会合が開かれる。29日の正午すぎに結果が発表され、大引け後に黒田総裁が記者会見を行う。29日に日銀が「経済・物価情勢の展望(展望レポート)」を公表する。

 29日には消費者物価指数(6月全国、7月東京都区部)、6月の失業率、有効求人倍率、家計調査(二人以上世帯の実質消費支出など)、鉱工業生産指数速報値、住宅着工件数が、まとめて発表される。29日に年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が2015年度の運用実績、2014年度末の保有銘柄を発表する。1年4ヵ月後とは発表がかなり遅い。

 主要銘柄の決算発表は4~6月期のピークその1。8月上旬までさみだれ式に続く。

 25日には三井ホーム、JSR、東洋機械金属、メルコHD、KOA、キヤノン電子、信越ポリマー、コクヨ、椿本興業、カブドットコム証券、タカラレーベンなど。26日には日清製粉G、信越化学工業、SMK、日本車輌製造、シマノ、キヤノン、コメリ、オリックス、松井証券、大京、セゾン情報システムズなど。

 27日には九電工、ルネサンス、バリューコマース、宝HD、コロプラ、ベリサーブ、ドリコム、日本ゼオン、日立化成、大日本住友製薬、オービック、富士フイルムHD、タカラバイオ、横河ブリッジHD、日立建機、アルプス電気、日本航空電子工業、アルパイン、アドバンテスト、スタンレー電気、ファナック、日産自動車、三菱自動車工業、任天堂、H2Oリテイリング、三井住友FG、大和証券G、西日本旅客鉄道、サカイ引越センター、ミスミグループ本社など。

 28日には大東建託、パナホーム、不二家、味の素、ハウス食品G、野村不動産HD、enish、積水化学工業、野村総合研究所、花王、オリエンタルランド、ヤフー、コニカミノルタ、小林製薬、新日鐵住金、日立金属、フジクラ、ツガミ、小松製作所、三菱電機、富士電機、マキタ、オムロン、富士通、セイコーエプソン、アンリツ、フォスター電機、日立マクセル、京セラ、村田製作所、日野自動車、カッパ・クリエイト、三井住友トラストHD、SBIHD、アコム、日立キャピタル、野村HD、JPX、マネックスG、東武鉄道、阪急阪神HD、日本テレビHD、大阪ガス、カプコン、SCSK、ソフトバンクGなど。

 29日には江崎グリコ、ヤクルト本社、日本ハム、綜合警備保障、ぐるなび、セリア、スタートトゥデイ、三越伊勢丹HD、トヨタ紡織、日本調剤、ワコールHD、ガンホー、住友化学、トクヤマ、協和発酵キリン、宇部興産、日本化薬、武田薬品工業、アステラス製薬、持田製薬、第一三共、ダスキン、フジ・メディアHD、ワタベウェディング、早稲田アカデミー、WOWOW、マンダム、日本板硝子、日本電気硝子、TOTO、神戸製鋼所、オークマ、牧野フライス製作所、三菱化工機、栗田工業、日立製作所、GSユアサ、NEC、OKI、パナソニック、シャープ、ソニー、TDK、クラリオン、デンソー、日東電工、三菱重工業、川崎重工業、カルソニックカンセイ、アイシン精機、マツダ、豊田合成、HOYA、パラマウントベッドHD、アートネイチャー、マーベラス、東京エレクトロン、サンリオ、りそなHD、京都銀行、みずほFG、小田急電鉄、京成電鉄、東日本旅客鉄道、日本通運、ヤマトHD、日本郵船、商船三井、日本航空、NTTドコモ、関西電力、東京ガス、帝国ホテル、コナミHD、オートバックスセブン、松屋フーズ、王将フードサービスなど。

 新規IPOは今週は1件。28日にリファインバース <6531> が東証マザーズに新規上場する。東京が本社で、廃棄物に再資源化処理を施して合成樹脂を製造・販売する再生樹脂製造販売事業、産業廃棄物処理事業を手がける資源リサイクル関連銘柄。公開価格は1700円。これで7月の新規IPOの5件は全て終了する。次回は9月以降。

 海外の経済指標、イベントは、FOMC以外では26日の新築住宅販売件数、29日のGDPなどアメリカの重要指標が多い。

1/3ページ

最終更新:7月24日(日)20時21分

エコノミックニュース

チャート

リファインバース6531
4260円、前日比+415円 - 9月28日 9時53分

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]