ここから本文です

エマ・ワトソン殴打&水責めの拷問映像公開!

シネマトゥデイ 7月24日(日)13時4分配信

 エマ・ワトソンが囚われた恋人を救うため難攻不落の秘密施設で決死の救出劇を繰り広げるスリラー『コロニア』の予告編で、エマ演じるヒロインが施設内で虐待されるショッキング映像が公開となった。

【動画】エマ・ワトソンが拷問されるショッキング映像

 本作は、南米・チリのピノチェト独裁政権崩壊後、ナチスと独裁政権が手を結んだ施設「コロニア・ディグニダ」のおぞましい実態を描く物語。少年虐待の罪で南米・チリに逃れたパウル・シェーファー教皇がドイツ人コミュニティーを作ったことがきっかけになったこの施設は、独裁政権下では中に拷問部屋や武器倉庫があり人体実験も行われていたという信じがたい事実が明かされる。

 予告編にはクーデターで囚われた恋人ダニエル(ダニエル・ブリュール)を救うべく、ヒロインのレナが二度と出られないかもしれない覚悟で施設に入るところから始まり、シェーファーに殴られ水責めにあう凄惨なシーンが収められている。そんな迫真の演技をこなしたエマは「泥まみれ、傷だらけ、びしょぬれになるなんて! 精神的に大変だったけどやりがいがあったわ。レナの勇敢さがわたしを戦いモードにしたの。ハラハラドキドキの連続よ」と撮影時の心境を吐露。

 過酷な撮影ゆえに逆に「(共演者と)一緒に笑ったり経験を共有できることが大切だった」と振り返るエマ。「ダニエルとはすぐに打ち解けることができて、とてもよいマッチだと感じたわ」と語る通り、エマの体当たりの熱演のほか、ダニエルの息の合ったコンビネーションにも引き込まれる。(編集部・石井百合子)

映画『コロニア』は9月17日よりヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ新宿ほか全国公開

画像:(C) 2015 MAJESTIC FILMPRODUKTION GMBH / IRIS PRODUCTIONS S.A. / RAT PACK FILMPRODUKTION GMBH / REZO PRODUCTIONS S.A.R.L. / FRED FILMS COLONIA LTD.

最終更新:7月24日(日)13時4分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。