ここから本文です

空中から地雷を探索し爆破 人命を危険にさらさず地雷を除去するドローンが開発される

ねとらぼ 7月24日(日)11時10分配信

 地雷除去用のドローン「Mine Kafon Drone(以下MKD)」が、クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場しました。開発者のMassoud Hassaniさんによると、既存の手法より20倍の効率を誇り、コストも200分の1。10年未満で世界中の全地雷を除去すると意気込んでいます。

【地雷を除去する仕組み】

 MKDは専用アプリと連動して動き、3段階のプロセスで地雷を除去します。まず高空を飛行し、危険な領域を特定。次に金属探知アームを装着後、地表4センチ上空を飛んで探索し、地雷の位置をさらに絞り込みます。最後にマニピュレーターを装備して、地雷上に起爆装置を設置し爆破。人間は近づくことなく、安全に地雷を除去できます。

 過去の戦争で敷設された地雷は60カ国以上に残存しており、毎日約10人がその犠牲になっているといわれています。Massoud Hassaniさんは幼少期をアフガニスタンで過ごし、その現状を体験。2012年にも低コストで地雷を除去できる装置「Mine Kafon」を開発し、Kickstarterを利用して実現させています。

 出資は5ユーロ(約600円)から受け付け。950ユーロ(約11万円)で実機の組み立てキット、7000ユーロ(83万円)で研究所におけるワークショップが提供されます。調達した資金は、予備研究費にあてられるそうです。

最終更新:7月24日(日)11時10分

ねとらぼ