ここから本文です

西内まりやの曲線美あらわ!「CUTIE HONEY TEARS」予告で変身シーン公開

映画.com 7月24日(日)19時30分配信

 [映画.com ニュース] 西内まりや主演で、永井豪氏が原作を手がけた国民的人気作品を実写映画化する「CUTIE HONEY TEARS」の予告編と新ポスタービジュアルが完成した。主人公キューティーハニーのバトルスーツ、原作でおなじみの変身シーンや衣装チェンジシーン、西内と石田ニコルのバトルシーン、西内が担当する主題歌「BELIEVE」が一挙に初披露された。

【動画】「CUTIE HONEY TEARS」予告編

 1973年に「週刊少年チャンピオン」(秋田書店刊)で連載された原作漫画「キューティーハニー」は、東映動画(現・東映アニメーション)制作でテレビアニメ化されたほか、2004年には庵野秀明監督、佐藤江梨子主演で実写映画化されるなど、何度となく映像化されている。今作の舞台は、異常気象や未知のウィルスの蔓延によって人類が激減し、世界が富裕層と貧困層に分断された近未来。富裕層が快適に暮らす上層階から、貧困層が住む下層階に落下した美しいアンドロイド・如月瞳(西内)が、さまざまな人との出会いをきっかけに、人類存亡の危機を救う戦いに身を投じていく。

 予告編は、西内の美しいボディラインが強調されたバトルスーツや、ピンク色の煙とともに素肌に少しずつ服が装着されるセクシーな変身シーンなど、キュートな魅力が全開。さらに映像後半では、ハニーが石田扮するダークヒロイン・ジルに吹き飛ばされ、口から血を流す場面が映し出され、激しいバトルシーンに圧倒される。

 原作漫画や過去の映像作品では、バトルスーツは赤やピンクといったカラフルなデザインだったが、今作では黒を基調としたクールなイメージに一新。スタイリッシュに生まれ変わったスーツに、西内も「今回の映画のために全て手作りで作られたバトルスーツは、アクションをしやすいようにストレッチ性もあり、体のラインも出る大胆な衣装でした。所々にハートのマークがデザインされていてカッコよさと可愛らしさが感じられるデザインでした」とご満悦の様子だ。

 「CUTIE HONEY TEARS」は10月1日から公開。

最終更新:7月24日(日)19時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。