ここから本文です

今年の夏は「高級ホテルでビアガーデン」 一味違う楽しみ方6選

ZUU online 7月24日(日)12時10分配信

関東地域の梅雨明けは例年より遅れているものの、気温は30度を超えるなど、すでに夏本番だ。暑い日には冷たいビールがよく合うと、仕事後にビールを飲むのを楽しみにしている人も多いだろう。そこで、高級ホテルで楽しむ一味違うビアガーデンを紹介しよう。

■豊富なドリンク×肉フェス 「天空のビアガーデン」(6月9日~9月30日)

肉好きにオススメなのが、ヒルトン東京で開催中の「天空のビアガーデン」だ。ビーフ、チキン、ポークと様々な料理を楽しむことができる。全国の有名店や人気店の肉料理も登場する。飲み放題メニューはビール、カクテル、焼酎、ハイボールにソフトドリンクなど種類が多い。ワンランク上を求めるなら、Hennessyのバーカウンターを併設したVIPラウンジもオススメだ。こちらではHennessyのアルコール類をはじめ、ワインやシャンパンも味わえる。

ヒルトン東京 新宿区西新宿6丁目6-2
JR新宿駅(西口) より徒歩10分
地下鉄丸ノ内線 西新宿駅 (C8出口)より徒歩約2分
地下鉄大江戸線 都庁前駅 より徒歩約3分

■隅田川×森 「森のビアガーデン」(7月1日~9月30日)

暑いのは嫌だが、野外にいるような開放感の中で、ゆったりビールと食事を楽しみたいという人にオススメなのはインターコンチネンタル東京ベイで行われている「森のビアガーデン」だ。ヨーロッパの森の中にいるような空間で、ゆったりビールや食事を楽しめる。窓からは、レインボーブリッジと隅田川が広がる景色の良さがウリだ。

料理はシェフ特製のオードブルプレートや、肉や魚の焼きたて料理、スイーツなどが揃う。ドリンクはビール以外にも、スパークリングワイン、ワイン、カクテル、ウィスキーなど約50種類、アルコールが苦手な方にはノンアルコールカクテルも用意されている。特製の七色のレインボービアカクテルは、ぜひ味わっておきたい。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 港区海岸1丁目16-2
JR山手線・京浜東北線 / モノレール浜松町駅より徒歩8分
地下鉄浅草線 大門駅より徒歩10分
ゆりかもめ 竹芝駅直結

■ベルギービール×相性抜群の料理 city escape「CRAFT BEER GARDEN」 (6月1日~9月30日)

ビール王国ベルギーのビールとコラボしたクラフトビアガーデンが、ヒルトン東京お台場にオープン。30種類の個性派ビールが揃っている。珍しいチェリーやラズベリーのビールも揃っているので、ぜひ味わってみたい。

白ビールにぴったりのムール貝の白ワイン蒸しや、セラピストビールに合わせたい黒胡麻フライドチキンなど、ビールと相性のよい本格料理も魅力の一つだ。会場はメインバー「キャプテンズバー」。緑に触れるテラス席で、湖風にあたりながらゆったりビールを味わうのもいいだろう。

ヒルトン東京お台場 港区台場1-9-1
ゆりかもめ 台場駅に直結
りんかい線 東京テレポート駅から徒歩 約10分

■夏祭り気分×プールサイド 「ヒルトン・プールサイド・ビアガーデン」 (7月16日~9月4日)

ヒルトン東京ベイのガーデン・プールで行われているプールサイド・ビアガーデン。豪華なプールで、リゾート気分が味わえるとあって早くも人気が出ている。豊富なドリンクメニューと、ホテルならではというこだわりの料理も気分を盛り上げてくれる。浴衣・甚平で行くと、化粧品などがもらえるので、夏祭り気分で出かけても楽しくなるだろう。

ヒルトン東京ベイ 千葉県浦安市舞浜1-8
JR京葉線・武蔵野線 舞浜駅からシャトルバス(無料)
モノレール ベイサイド駅から徒歩約4分

■テラス席×カリビアン料理「オーク ドア ビアガーデン 2016」 (6月1日~9月30日)

毎年趣向を凝らしたビアガーデンで知られるグランドハイアット東京が、今年はキューバ・カリブ料理のビアガーデンを開催。カリビアン風ハムとチーズを挟んだキューバのサンドイッチ、キューバンスタイルポークリブや、パイナップルとアボカドのサルサなどのカリブ諸国の料理は、ビールとの相性がいい。

さらに、一皿当たり500円の追加料金で、お酒がすすむサイドディッシュなども準備されている。ガーリックシュリンプやイベリコハム、テンダーロインステーキなど、メニューが豊富なので、頼み過ぎには注意しよう。

グランドハイアット東京 港区六本木6-10-3
地下鉄日比谷線 六本木駅1C番出口より徒歩3分
地下鉄大江戸線 六本木駅3番出口より徒歩6分

■限定ビール×デリカテッセン パークブリュワリー (7月15日~9月19日)

夏限定のオリジナルビールが登場するパークハイアット東京のパークブリュワリー。「パーク ブリュワリー エール」は、20種のホップを使った爽快な喉越しと豊かな風味が特長だ。2016年登場の「パーク ブリュワリー IPA」は、深いコクと苦味が持ち味だ。

イベリコ生ハムやアヒージョなどスペインのタパスと共に味わうと、ビールの味もさらにアップするから不思議だ。こちらは、ビアガーデンというよりデリカテッセンといった感じだが、美味しい料理とビールは夏限定、ヨーロッパの味覚を味わってみよう。

パークハイアット東京 新宿区西新宿3-7-1-2
JR新宿駅南口より徒歩12分
都営大江戸線 都庁前駅より徒歩8分

高級ホテルならではのビールと料理の数々。仕事帰りに家族や仲間とさまざまなシーンで開放的な夏限定のビアガーデンを満喫してみてはいかがだろうか。(ZUU online編集部)

最終更新:7月24日(日)12時10分

ZUU online