ここから本文です

ラニエリ監督「リヤドの楽しそうな様子を見ただろ?」 マレズ残留を強調

ISM 7月24日(日)11時7分配信

 現地時間23日に行なわれたインターナショナル・チャンピオンズカップでセルティック(スコットランド)と顔を合わせ、1対1の末に突入したPK戦を制したレスター(イングランド)。クラウディオ・ラニエリ監督は、この日ゴールを挙げたMFリヤド・マレズは残留すべきと強調した。

 昨季、レスターのプレミア制覇に貢献したマレズはこの日も活躍。46分、右サイドからエリア内にカットインすると、相手守備陣を巧みにかわして巻いたシュートを放ち、先制点をマーク。昨季PFA(イングランド・プロサッカー選手協会)年間最優秀選手の名にふさわしいプレーを披露した。

 英『BBC』によると、同じイングランドのアーセナルがねらっているマレズだが、ラニエリ監督は試合後「私のところにいた方がリヤドにとってもいいと思うよ」とコメント。「彼の楽しそうな様子を見ただろ? 非常にいいプレーをしたし、チームのために懸命に仕事をした。得点も挙げたし、彼はここに残るよ」と満足げに話した。

 ラニエリ監督は「(マレズの慰留は)非常に重要だ。スター選手の1人だからね。ほかのチームにはもっとスターがいるかもしれない。彼は控えに回されて、同じレベルでは戦えないかもしれない。だから、私のところにいた方がずっといい」と語り、レスターで成長を続けるべきとの考えを示した。

最終更新:7月24日(日)18時54分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]