ここから本文です

<アニメ1週間>庵野監督が「エヴァ」新作の遅れを謝罪 「遊☆戯☆王」が4DXに

まんたんウェブ 7月24日(日)19時0分配信

 1週間のアニメのニュースをまとめて紹介する「アニメ1週間」。今回(17~23日)は、庵野秀明監督が人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの最新作の制作が遅れていることを謝罪したニュースや劇場版アニメ「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」の4DX、MX4D版が今秋、上映される話題などが注目された。

【写真特集】シン・ゴジラ、衝撃の姿は… 史上最大のゴジラが首都圏進行

 19日、石ノ森章太郎さんの人気マンガ「サイボーグ009」のフル3DCG新作アニメ「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」が制作されることが分かった。「サイボーグ009」の映像化50周年を記念した作品で、完全オリジナルストーリーとなる。「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズなどの神山健治さんが総監督、「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」などに参加してきた柿本広大さんが監督を務める。全3章で第1章が11月25日、第2章が12月2日、第3章が12月9日から2週間限定で劇場公開される。

 19日、怪獣映画「ゴジラ」の新作「シン・ゴジラ」を手がける庵野監督が、東京都内で行われた同作の完成報告会見に登場。庵野監督は、冒頭のあいさつで「最初に謝っておきたいことがあって」と切り出し、「エヴァンゲリオンのファンの方には、本当に本当に本当にお待たせしております。申し訳ないです」と、公開時期が未定の「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」について謝罪した。

 20日、声優の野沢雅子さんが東京都内で行われた劇場版アニメ「みつばちマーヤの大冒険」の公開アフレコ収録に登場。野沢さんは、周囲に長生きを宣言しているといい、目標を聞かれると「182(歳)です。ずっと現役でいるつもりです」と元気よく語った。野沢さんは同作の日本語吹き替え版で33年ぶりに主人公・マーヤの親友・ウィリーの声を務めている。

 20日、東映アニメーションが製作する劇場版アニメ「ポッピンQ」(宮原直樹監督)が2017年1月に公開されることが分かった。キャラクター原案を担当するイラストレーターの黒星紅白(くろぼし・こうはく)さんが描いたティザービジュアルも公開された。ビジュアルには、中学3年の伊純ら5人のヒロインの姿が描かれている。また、5人のヒロインが登場する特報映像も公開された。

1/2ページ

最終更新:7月24日(日)19時0分

まんたんウェブ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。