ここから本文です

“魅力満載の夏”発信 FMぎのわん、ビーチに支局

琉球新報 7月24日(日)12時30分配信

 【宜野湾】コミュニティーラジオ局FMぎのわん(山内一郎社長)は18日、宜野湾海浜公園トロピカルビーチ内にサテライトスタジオを開局した。10月末まで設置し、ビーチで行われるイベントや夏にふさわしい曲などを配信する。番組はビーチ内で流れるほか、インターネットでも聞くことができる。同局の周波数は79・7メガヘルツ。

 山内社長は「コミュニティーラジオは地域の人のためにあるべきであり、トロピカルビーチは市民に親しまれている場所だ。ここから宜野湾の魅力を発信したい」と話す。サテライト局の配信番組は毎日午後3~4時に流れる。山内社長は「飛び入り参加もいいし、その場で曲のリクエストをしてもいい」と市民参加を歓迎した。

 市観光振興協会の高江洲義之会長は「サテライト局開設が、他市町村の人にも聞いてもらうきっかけになってほしい。楽しく聞いてもらうためにコミュニティーラジオも工夫している。まずは一度、周波数を合わせてほしい」と語った。

琉球新報社

最終更新:7月24日(日)12時30分

琉球新報