ここから本文です

稀勢の里、白鵬破り綱とりへ望みつなぐ…条件は決定戦に持ち込み逆転優勝

デイリースポーツ 7月24日(日)7時0分配信

 「大相撲名古屋場所・14日目」(23日、愛知県体育館)

 綱とりに挑む大関稀勢の里は、横綱白鵬を土俵際で突き落とし、平幕の貴ノ岩とともに3敗を守り、初優勝に望みをつないだ。2敗の横綱日馬富士は大関豪栄道を上手投げで退け、単独トップをキープ。日馬富士が千秋楽で白鵬に勝つと、4場所ぶり8度目の優勝が決まる。日馬富士が負けて12勝で並んだ場合、優勝決定戦となる。

 俵にかけた左足一本で稀勢の里が生き残った。2度目の立ち合い、白鵬のかち上げから一気に土俵際に追い込まれたが、左で突いて左にひらりと回った。最後は突っ込む横綱を上から突き落とした。

 結びでの大逆転劇に座布団が乱舞。熱狂の中、大関はのっしのっしと花道を引き上げた。内容より欲しいのは結果だけ。「最後だけですね。良かったです」。対戦成績で13勝43敗だった天敵を打ち破り、貴重な11勝目をつかんだ。

 前日、日馬富士に完敗し、3敗目を喫した。2場所連続で13勝を挙げ、今場所の綱とりの絶対条件は初優勝。それが大きくかすんだ。

 だが、一夜明けて朝稽古では開き直っていた。「ゲン直しとかじゃない。一喜一憂してる場合じゃない。爆睡した。(目覚めも)最高だよ」と冗舌。さらに、重圧満載の今場所に「楽しませていただいている…。いや楽しくはないか」と、一人乗り突っ込みで笑い飛ばした。

 日本中の期待を背負う2場所連続の綱とり。八角理事長(元横綱北勝海)は横綱昇進について、あらためて「優勝しないと」と明言した。千秋楽で豪栄道に勝って、日馬富士が敗れ、優勝決定戦に持ち込んで逆転優勝するという、わずかな望みに託す。

 対戦成績で3連勝中の豪栄道を退ければ12勝目。八角理事長は優勝を逃しても、12勝すれば秋場所も綱とりになるとの見解を示した。「集中してやるだけ。しっかり出し切る」。あと一番、夢をつなげるために勝つのみだ。

最終更新:7月24日(日)7時54分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]