ここから本文です

<前園真聖>“マイアミの奇跡”はチーム一丸の結果 東京五輪“スタッフ”にも言及

まんたんウェブ 7月24日(日)19時38分配信

 元サッカー日本代表の前園真聖さんが24日、東京国際空港(羽田空港、東京都大田区)で行われた2020年東京五輪のカウントダウンイベントに登場。1996年の米国アトランタ五輪に日本代表として出場した前園さんは、ブラジル代表に勝利した“マイアミの奇跡”について「失うものはないと思って挑んでいました。勝ってしまったという感じですね。チームワークで戦ってああいう結果につながったと思います」と振り返った。

【写真特集】三宅さんは、1964年東京五輪の金メダルも披露

 さらに、五輪出場について「テレビで見るような海外の選手たちと試合して、非常にいい経験になった」と振り返った前園さん。2020年開催の東京五輪では「(代表チームの)スタッフとして関わる可能性があるか」という質問に「声がかからないと思います」と苦笑いしていた。

 イベントは、2020年に開催される東京オリンピック競技大会が開催される、ちょうど4年前にあたる同日に、「みんなのTokyo 2020 4 Years to Go!!」と題して行われ、「東京2020大会会場計画PR映像」が上映されたほか、「2020羽」の折り鶴で地球儀を作った「折鶴地球儀モニュメント完成セレモニー」も実施。前園さんをはじめ、オリンピック出場経験があるウエートリフティングの三宅義信さん、スキーの荻原次晴さん、柔道の谷本歩実さん、射撃の田口亜希さんらも駆けつけた。

 1964年開催の東京五輪で金メダルを獲得した三宅さんが「マスコミや国民からの『金しかダメだ』というプレッシャーがすごかった」と当時の様子を明すと、2004年のアテネ、08年の北京五輪で金メダルを獲得した谷本さんは「リオ五輪では“野獣”松本薫が、金を取ってくれると思います」と期待した。

 また、1998年の長野五輪でスキーノルディック複合で5位入賞を果たした萩原さんは「当時は(兄の)健司の方が有名で、兄と間違われたくないから、五輪に出場したんです」と話し、「今、健司は指導者としてやっていて、僕の方がメディアに出ているので、最近は(健司さんが)僕に間違われているようです」と明るい表情で語っていた。

 この日披露された「折鶴地球儀モニュメント」は、同日から羽田空港内の「ディスカバリーミュージアム」で展示される。

最終更新:7月24日(日)21時2分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。