ここから本文です

【パンクラス】朱里が19歳の柔術美女とド突き合いの末2勝目

イーファイト 7月24日(日)23時55分配信

「PANCRASE 279」(7月24日 東京・ディファ有明)

▼第7試合 女子ストロー級 5分3R
○朱里(VOS GYM/元Krush女子王者)
判定3-0 ※三者とも30-27
●ニコーレ・カレアーリ(ブラジル)

【フォト】19歳南米美女ファイターとド突き合いする朱里

 元Krush女子王者でMMA(総合格闘技)転向2戦目の朱里は、南米美女ファイターとして注目されている19歳のカレアーリと対戦。

 1R、お互いにパンチと蹴りを放つ。カレアーリが強気に突っ込んでのパンチを繰り出せば、朱里は狙いすました右ストレート。朱里がタックルにいくが、カレアーリはフロントチョークの体勢に。朱里が首を抜いて上になるがカレアーリが蹴り上げて脱出。ラウンド終盤には朱里がテイクダウンして上を奪い、パウンドを落とした。

 2Rもパンチ&ローの勝負となるが、朱里がタックルでテイクダウンに成功。しかし、カレアーリのガードが堅く抑え込みから先に進めない。朱里が抑え込んだままラウンド終了。

 3R、パンチの連打で前に出るカレアーリに対し、朱里は狙いすました右のパンチを的確にヒットさせていく。そしてパンチからのタックルでテイクダウンを奪う。これはすぐに立たれた。

 スタンドに戻るとやはりパンチで突進するカレアーリ。その勢いに押される場面もあったが、的確に右のパンチをヒットさせるのは朱里の方。タックルでのテイクダウンは奪えなかったが、ジャッジ三者とも30-27の完勝で朱里が2戦目も勝利で飾った。

 朱里は勝利者インタビューに、「凄く可愛くて若くて羨ましいと思った。打撃もパワフルな選手だったので試合が出来て嬉しかったです。2戦目勝ててほっとしているのが一番ですが、自分の夢にまた一歩近付けたと思うので次へ向けてまた強くなっていきたいと思います」と答えた。

最終更新:7月25日(月)14時34分

イーファイト