ここから本文です

<市川染五郎>「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」で初アニメ声優 「ギャップを楽しんで」

まんたんウェブ 7月24日(日)20時19分配信

 劇場版アニメ「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』」(湯山邦彦監督)が全国で公開中だ。人気ゲーム「ポケットモンスター」の劇場版アニメ19作目で、超カラクリ都市「アゾット王国」を舞台に、空から現れた大きなポケモン「ボルケニオン」と不思議な鎖でつながれてしまったサトシが、未知なる力を秘めた人造ポケモン「マギアナ」を助け出すために奮闘する姿を描く。ゲスト声優として、アゾット王国の王女・キミア役で松岡茉優さん、ポケモン・オニゴーリ役でお笑い芸人のあばれる君らも出演。今回の“主役ポケモン”で、人間たちのことが大嫌いな幻のポケモン・ボルケニオン役で、アニメ声優に初挑戦した歌舞伎俳優の市川染五郎さんに聞いた。

【写真特集】染五郎さん、初アニメ声優とは思えない名演!

 ◇アニメ声優のオファーに「想定外でびっくり」

 今作のオファーを受けた際のことを、「自分にそういうチャンスが巡ってくるということも含めて、本当に想定外だったのでびっくりしました」と染五郎さんは笑顔で振り返り、「誰もが知っているほど愛され続けている作品で、自分がその作り手側に回れるというのは不思議な興奮を覚えました」と当時の心境を明かす。そして、「どういうものなんだろう、どういうことができるんだろう、どういうふうにするんだろうという感じでした」とアニメ声優への期待と不安を募らせたという。

 「ポケモン」に出演することについて、周囲の反応は、「子どものときから(『ポケモン』の)ファンの後輩がいて、逆に彼の方が『えっ!?』ってびっくりし、興奮していました」と笑顔で明かし、さらに「歌舞伎の舞台で一緒だった子役さんは、今まさにはまっているという子だったので、尊敬のまなざしで気持ちよかったです(笑い)」とちゃめっ気たっぷりに話す。

 初めての声優挑戦だが、「舞台やドラマ、映画などではいろいろな役を演じていますが、当然ですけれど自分の体を使っていて、自分の(体の)大きさの中で役を作っていきます」と前置きし、「アニメの場合、(自分の体ではなく)“物体”から違うもので芝居ができるという面白さはありますが、逆にそれが難しい部分でもありました」と実写とアニメの違いを交えながら語る。

1/3ページ

最終更新:7月24日(日)20時21分

まんたんウェブ