ここから本文です

商工女性の主張、国吉さん九州最優秀 快挙に渡嘉敷島沸く

琉球新報 7月24日(日)13時30分配信

 【渡嘉敷】渡嘉敷村商工会女性部長の国吉佳奈子さん(63)が、13日に福岡県のヒルトン福岡シーホーク(アルゴス)で開かれた2016年度九州ブロック商工会女性部交流研修会で行われた同ブロックの商工女性の主張大会(各県代表8人)に県代表として出場し、最優秀賞に選ばれた。

 国吉さんは11月に福島県で開かれる全国大会に九州代表で派遣されることになった。地元渡嘉敷村では国吉さんの快挙が話題に上りエールを送るなど、全国1位の最優秀賞に期待を寄せている。

 国吉さんは2月に読谷村で開かれた15年度の商工会女性部主張発表大会(県商工会女性部連合会主催)で最優秀の県知事賞に選ばれ、県代表で今回の九州大会に派遣された。「女性部活動と地域振興・まちづくり」をテーマに「小さな島のものづくり・ひとづくり」と題して発表した。

 国吉さんは「6番目の順番で緊張していた。まさか1位になるとは思わなかったので、びっくりした。閉会後の全体交流会では、みんなが激励に訪れ握手を求め『とても良かった。感動した』と声を掛けてくれてうれしかった。全国大会では“なんくるないさ”の気持ちで臨む」と笑みを見せた。(米田英明通信員)

琉球新報社

最終更新:7月24日(日)13時30分

琉球新報