ここから本文です

「ジャスティス・リーグ」映像が米コミコンで解禁、アクアマンやフラッシュの姿も

映画ナタリー 7月24日(日)12時57分配信

DCコミックスを原作とする「ジャスティス・リーグ(原題)」の映像がYouTubeにて公開された。

この映像は、アメリカ・サンディエゴで開催中のコミコン・インターナショナルにて発表されたもの。ベン・アフレック扮するバットマン / ブルース・ウェインや、ガル・ガドット演じるワンダーウーマン / ダイアナ・プリンスが、悪に立ち向かうべくチームを結成する様子が描かれる。ジェイソン・モモア演じるアクアマン、レイ・フィッシャー演じるサイボーグ、エズラ・ミラー扮するフラッシュの姿も。また終盤にはウェインが投げたバットマンモチーフの武器をフラッシュが手にして「これ持っていてもいい?」と尋ねるユーモアあふれるシーンが映し出される。

なお、同じくコミコン・インターナショナルにて解禁された「ワンダーウーマン(原題)」の予告映像もYouTubeにて公開中。こちらはワンダーウーマンを主人公に据えた作品で、「スター・トレック」シリーズのクリス・パインが出演している。

「ジャスティス・リーグ」は2017年11月17日、「ワンダーウーマン」は同年6月2日に全米でロードショー。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

最終更新:7月24日(日)12時57分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。