ここから本文です

南野、厚着&サウナで暑さ対策万全「メダルを目指して来ている」

デイリースポーツ 7月24日(日)7時0分配信

 リオデジャネイロ五輪に出場するサッカー男子の日本代表は22日、ブラジル北東部アラカジュに到着し、本大会に向けた直前合宿を開始した。練習はランニングやストレッチなど軽めの調整で、約1時間汗を流した。経由地のロンドンでチームに合流したMF南野拓実(21)=ザルツブルク=は、同代表の早川直樹コンディショニングコーチ(53)のアドバイスを受け、暑熱対策を行ってきたことを明らかにした。

 長旅を終え、ようやくブラジルの地を踏みしめた南野は「きょうから始まる」と言葉に実感を込めた。アラカジュでの直前合宿は、1次リーグB組初戦と第2戦が行われる北部マナウスの暑熱対策も目的となる。高温多湿の同地は8月の平均気温が32度超、平均湿度も80%に迫るが、「ザルツブルクも気温30度くらいの日もある」と猛暑克服に自信を見せた。

 早川コンディショニングコーチのアドバイスを受け、ウオーミングアップで厚着をしたり、風通しの悪いウエアの着用、サウナに入るなどして対策をしてきたことが自信を裏付ける。15年1月にマレーシアで行われた五輪1次予選では、東南アジア特有の暑さと湿気に苦しみ、プレーに精彩を欠いた苦い経験がある。五輪の大一番で同じ轍(てつ)を踏むわけにはいかない。

 欧州組にとってはオフ明けの期間となるが、所属するオーストリア1部・ザルツブルクは6月上旬から始動。「丸々1カ月半やっている」とコンディションが万全であることを強調した。15日のオーストリア杯1回戦ではフル出場を果たし、3部相手ながら今季初得点も挙げており、「この勢いをぶつけていきたい」と力強かった。

 この日は気温26度、湿度66%と過ごしやすい気候だったため、23日の午後練習から開始時間を1時間半繰り上げるなど、暑熱対策を徐々に本格化させていく。髪を黒く染め直して気分を一新した南野は「メダルを目指して来ている」と言い切り、48年ぶりの快挙を見据えた。

最終更新:7月24日(日)7時51分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]