ここから本文です

県産モモ、フレンチトーストに加工 新宿で発売

福島民報 7月24日(日)9時53分配信

 一般社団法人「ふくしまチャレンジはじめっぺ」(福島県郡山市)と古山果樹園(福島市)、フレンチトースト店を運営するフォルスタイル(東京都)は県産モモを使ったフレンチトーストを開発する。都内での販売などを通じ県産品の魅力や安全性をPRし、風評払拭(ふっしょく)を目指す。23日、古山果樹園で原料となるモモを収穫した。
 風評払拭の手助けをしたい-。フォルスタイルの平井幸奈社長(23)の思いをかなえるために県内の「はじめっぺ」と古山果樹園が連携して開発することになった。
 平井社長と交流があり、現役のモデルでもある早稲田大のマタニ笑(えみな)さん(21)=4年=、山本桃子さん(21)=3年=、馬容容(まよよ)さん(21)=4年=の3人も開発に協力する。
 フォルスタイルが運営する都内新宿区の「ForuCafe(フォルカフェ)」で30日から商品を販売する。マタニさんらを中心に会員制交流サイト(SNS)などで商品の情報や県内の現状も広く発信する。
 23日は平井社長とマタニさんらが古山果樹園を訪れた。古山浩司代表から栽培方法や東京電力福島第一原発事故後の果樹園の状況について説明を受け、「あかつき」を収穫した。平井社長らは「モモに詰まった作り手の思いも込めて商品を作りたい」と意気込んだ。

福島民報社

最終更新:7月24日(日)16時5分

福島民報