ここから本文です

川崎・小林ほえた!クラブタイ記録の5戦連発弾で第2S首位浮上

デイリースポーツ 7月24日(日)7時0分配信

 「J1、川崎1-0FC東京」(23日、等々力陸上競技場)

 年間勝ち点1位の川崎が、日本代表FW小林悠(28)の5試合連続ゴールでFC東京を1-0で下した。元日本代表FW李忠成(30)が2点を奪った浦和は鹿島に2-1で逆転勝ち。川崎と浦和が勝ち点13で並び、得失点差で川崎が首位に返り咲いた。広島は神戸に2-0で快勝。柏はFWクリスティアーノ(29)のハットトリックでG大阪に3-2で競り勝った。

 勢いが止まらない。川崎の夜空に、小林の咆哮(ほうこう)がこだました。0-0の後半36分、右足首痛から復帰したMF中村が左サイドに展開。DF車屋のクロスに飛び込み、貴重な決勝点を挙げた。

 5試合連続得点。J1に限れば、05年のFWジュニーニョに並んでクラブタイ記録だ。クラブ史に残る助っ人に肩を並べたが「いいクロスがきた。チームのみんなに取らせてもらっている」と控えめに喜んだ。

 過去、負傷に泣くことが多かったものの、今季は長期離脱はなくリーグ21戦11発。この日は、後半22分のシュートがゴールバーに当たるなど、風間監督は「今日は彼にとっては、いい日ではなかったと思う」と語るが、小林自身は「ポジティブに、次は決めるぞと思っていた」と、チャンスをうかがっていた。

 第2S首位に浮上。「次も全力でやっていきたい」。悲願の年間優勝へ、川崎は突き進む。

最終更新:7月24日(日)7時47分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]