ここから本文です

七行器行列あでやか 田島祇園祭

福島民報 7月24日(日)9時55分配信

 国指定重要無形民俗文化財の会津田島祇園祭は2日目の23日、福島県南会津町田島地区で七行器(ななほかい)行列が繰り広げられた。多くの観光客らが詰め掛ける中、あでやかな花嫁姿の女性らが練り歩いた。
 七行器行列は神前にお神酒などの供物をささげる行事で、「日本一の花嫁行列」とも呼ばれる。当番の住民ら約80人が街なかを出発。供物を納めた器などを持ちながら田出宇賀、熊野両神社まで歩いた。沿道や境内に身動きが取れないほどの大勢の観光客らが詰め掛け、華やかな行列を写真に収めていた。
 最終日の24日は午後一時から両神社で太々(だいだい)神楽が奉納される。

福島民報社

最終更新:7月24日(日)10時0分

福島民報

【生中継】小池百合子都知事の会見