ここから本文です

Pokemon GOこそApple WatchやAndroid Wearでの通知に対応すべき

ITmedia ヘルスケア 7月24日(日)8時56分配信

 7月22日の配信開始から、日本中がその話題に包まれていると言っても過言ではない「Pokemon GO」。街を歩けば、行き交う人がポケモンの名前を口にしているのを頻繁に耳にし、多くの人がプレイしているのを実感できます。「Ingress」で歩き回るのは挫折したけど、ポケモンを集めるのなら楽しくて続けられそうだから、またウォーキングをして模様かな、なんて思った人も増えているかもしれません。

【Pokemon GO Plusとは】

 ゲームボーイのモノクロ画面でプレイした、赤・緑時代からのファンとしては、ここまでの社会現象になっているのがうれしい気持もある一方で、以前より、街中で歩きながらスマートフォンを操作する、あるいは自転車に乗りながらスマートフォンを操作する人も増えたことへの懸念もあります。

 スマホでゲームをする際に、ルールやマナーを守る必要があるのは、今さら指摘するまでもありません。歩きながらスマホの画面を凝視するのは避けるべきですし、回りに注意を払い、ポケモンと遭遇したら急に立ち止まらず、他の人の迷惑にならない場所によけてからモンスターボールを投げるようにするなどの配慮は必須です。

 Pokemon GOをプレイする人が増えれば、スマホの画面を凝視しながら街を歩く人が出てくるのを当然予見していたのでしょう、Bluetoothでスマホとつながり、ポケモンが近くに現れると振動して知らせてくれ、モンスターボールを投げたり、ポケストップの近くを通ると通知してくれたりする機能がある周辺機器「Pokemon GO Plus」も開発をしています。ただ、Pokemon GO Plusは、当初3780円(税込)で7月末に発売予定とされていましたが、現時点では発売日は未定となっているようです。

 ここまで街中にスマホをしながらPokemon GOをプレイするユーザーが増えているのを見ると、Android WearやApple Watchのような、スマートフォンと連携するスマートウォッチでの通知には、早急に対応するべきだと考えます。Pokemon GO Plusの発売に時間がかかるのであればなおさらです。

 Pokemon GOの下敷きになっているゲーム、Ingressでは、通知の機能が用意されていて、(詳しい説明は省略しますが)ユーザーが確保したポータルと呼ばれる場所に対して攻撃があると、ユーザーにその旨が通知されます。Pokemon GOでは、ポケモンが出現したときやポケストップに近づいたときにスマホが振動しますが、これと同時に通知を出すようにすれば、Android WearやApple Watchでもそれを表示することが可能です。

 もう一歩進めて、Pokemon GO Plusと同等のことがスマートウォッチでできるようになればより楽しく便利だと思いますが、そこまでしないまでも、通知が確認できるだけで、少しは歩きスマホをする人が減るのではないかと感じました。Android WearやApple Watchを持つ人が、Pokemon GOプレイヤーの中でもごく一部の人でしかないことはまちがいありませんが、歩きスマホをする人が減らせる可能性はあると思います。

 本来であれば、Pokemon GOの配信開始に合わせてPokemon GO Plusを発売するべきだと思いますが、すぐに発売できないのであれば、スマートウォッチ向けのPokemon GO Plusアプリの配信はぜひ検討するべきではないでしょうか。Nianticさん、ぜひよろしくお願いします。

最終更新:7月24日(日)8時56分

ITmedia ヘルスケア