ここから本文です

「遊☆戯☆王」アテム、「最遊記」玄奘三蔵などがコトブキヤから立体化

コミックナタリー 7月24日(日)13時40分配信

ガレージキットなど造形物の祭典「ワンダーフェスティバル 2016 [夏]」が、本日7月24日に千葉・幕張メッセにて開催されている。ここではコトブキヤのブースを紹介する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

高橋和希原作のアニメ「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」からは、アテムが立体化。その原型が展示されていた。そのほか「遊☆戯☆王」シリーズからは映画「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」のブラック・マジシャン・ガール、アップル・マジシャン・ガール、レモン・マジシャン・ガールが勢揃い。キューポッシュシリーズでは「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」の闇遊戯、「遊☆戯☆王ZEXAL」のガガガールのフィギュアなども展示されていた。

また峰倉かずや「最遊記RELOAD BLAST」より、玄奘三蔵のフィギュア原型も公開。フィギュアのために峰倉が描き下ろしたイラストが再現された。

そのほかコトブキヤブースでは、枢やな原作の映画「黒執事 Book of the Atlantic」よりセバスチャン・ミカエリス、得能正太郎「NEW GAME!」より涼風青葉のフィギュア原型、あずまきよひこ「よつばと!」に登場するダンボーフィギュアの新シリーズなどが公開された。

最終更新:7月24日(日)13時40分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。