ここから本文です

筒香フェン直打からDeNAイッキ5点大逆転4連勝!

デイリースポーツ 7月24日(日)9時1分配信

 「DeNA6-4巨人」(23日、横浜スタジアム)

 一発は出なくとも勝利への道を切り開く。それが4番の仕事。DeNA大逆転の始まりは、やはり筒香嘉智外野手のバットだ。3点を追う六回。先頭打者として、巨人・大竹寛の直球に詰まりながらも左翼フェンス直撃の安打で出塁。その後、3者連続の代打安打を含む5連打で一気に5点を奪って逆転した。

 それまで2打席は四球で歩かされたが「突っかかっていっても仕方がない。自分の打てる球を待つしかない」と冷静な心が放った一打が突破口となった。

 4試合連続の1試合2本塁打はならなかったが、チームを4連勝に導いた筒香。それでも「代打の選手が必死に準備している姿はスタメンの選手も感じている。全員の力だと思う」という。4番がもたらした勢いは、チームの強さへと変わりつつある。

最終更新:7月24日(日)9時3分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。