ここから本文です

<長江健次>恩人・萩本欽一と30年“絶縁” 「しくじり先生」で激白

まんたんウェブ 7月25日(月)6時0分配信

 タレントの長江健次さんが、8月8日に放送される人気バラエティー番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)の3時間スペシャルに出演することが25日、明らかになった。長江さんは、1981年にコメディアンの萩本欽一さんの冠バラエティー番組「欽ドン!良い子悪い子普通の子(欽ドン!)」の“フツオ”役でデビューしたが、ブレーク後、お世話になった萩本さんにうそをついたことが原因で、30年間にわたって絶縁状態だったことを明かす。

【写真特集】長江健次が真剣に授業をする風景も

 長江さんは、“ヨシオ”こと山口良一さん、“ワルオ”こと西山浩司さんと欽ドン!内で誕生したユニット「イモ欽トリオ」のメンバーとしても活躍し、同ユニットのデビュー曲「ハイスクールララバイ」が、100万枚の大ヒットを記録するなど人気者となった。

 3時間スペシャルでは、長江さんが「欽ちゃんにドンと突き放されちゃった先生」として、「お世話になった人に不義理をして絶縁状態にならないための授業」を展開。萩本さんのほか、多数の芸能人に不義理を重ねた結果、場所を失い、妻子がいるにもかかわらず、仕事と収入が無くなってしまった過去も明かす。

 「しくじり先生 俺みたいになるな!!」3時間スペシャルは、8月8日午後7時から放送。生徒役のゲストとして、亀田大毅さん、新川優愛さん、関根勤さん、舟山久美子さん、遼河はるひさん、お笑いコンビ「ハライチ」の澤部佑さんも出演する。

最終更新:8月11日(木)15時41分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。